出会いのチャンスは自分で作るもの

出会いのチャンスは自分で作るもの

出会いのチャンスは自分で作るもの

 

私は、男性が少ない職場で働いていたので、よい出会いに恵まれることもなく、30歳を超えてしましました。20代の間は仕事に夢中だったので、結婚のことなんて真剣に考えることがなかったのですが、30代に入ると、「一生このままでいるのかな」「子こどもを生むなら、あまり悠長に考えていられない」といった焦りが突然わいてきたのです。職場恋愛は、うまくいかなかったときの後味が悪いし、そもそも出会いがない。

 

どうしたら、異性と出会うことができるのだろうか。そんなことを考えていた時に、職場の先輩から、「実はね、わたし、婚活してるの。大手の結婚相談所に登録してるんだよ。入会金とか、かなりお金はかかるけど、その代わり相手の身元はきちんと調べてくれているよ。いろんな人と会うだけでも、面白いよ。」と話を聞いて、確かに待っているだけでは何も始まらないし、物は試しで入会してみることにしたのでした。

 

選んだ紹介所は、新聞などでも広告をよく見かける最大手の一つです。入会金や登録料で、最初に10万円くらいは支払ったかと思います。職場の先輩の紹介という形だったので、確か入会料が半額くらいにはなっていたような気がします。対応してくれた担当の方も、感じがよく、とても安心しました。

 

登録を終えると、こちらの希望する条件を満たした相手が毎月5?6人紹介されました。それぞれの方の勤務先、年収、趣味、身長や体重、視力、一言コメント、性格診断の結果などが網羅されたシートが送られてくるのです。写真はついていません。結婚相談所の支店に行って照会すれば、あらかじめ登録してある顔写真をパソコンで見ることができました。

 

結婚相談所の良いところは、希望する条件をこちらが示すことができるので、何もないところから交際をスタートするのとは違い、相手のことをいろいろ勘ぐる必要がないこと、また、お互いに結婚を目的としているので、一旦交際が始まると、結婚までの道のりは長くないこと、があげられると思いました。ちなみに、入会から半年後、4人目に会ったのが今の夫です。今は二人の子どもにも恵まれ、とても幸せです。あの時、思い切って結婚相談所に入会してみてよかったと思います。出会いのチャンスは自分で作ることが大事だと思います。