結婚後のライフプランも検討しながら婚活を進める

結婚後のライフプランも検討しながら婚活を進める

結婚後のライフプランも検討しながら婚活を進める

 

婚活は、収入や容姿など理想の相手の条件を絞ることも大切ですが、仮に結婚したとして、その後のライフプランを検討することも大切だと思います。特に30代中盤以降の年齢については、双方に両親が健在の場合、老後に対する問題も早く結婚した年代に比べ早い段階で考えなければならないことだからです。そのためできたら折に触れ、親と老後のことについて、少しでも話題にして話し合う機会を増やしておくと、親の考えや希望をそれとなく把握することが可能なので、良いと思います。

 

自分の考えやイメージとのギャップを把握しておくと、相手にも説明しやすいですし、親のこともきちんと考えているという印象を持ってもらえるのもメリットです。自分達のライフプランの場合、特にマネープランは計画的に立てておくのが大切です。出産などのイベントが入ると、共働きの場合収入が育児期間は減ってしまいますし、子供が成長するにつれ、学費や医療費などがかかってきます。

 

家を購入した場合、ローンとの兼ね合いもあるので、貯金や貯蓄についてお互いに考えをすり合わせておく必要があるでしょう。20代と比べて働く期間も残りが少ないので、時間を上手に使う必要があると思いますし、上手くいろいろな計画を立て実行できたら、結婚生活はより充実したものになると思います。

 

そのため、30代中盤以降の結婚を検討している場合、将来に対するライフプランも婚活と同時に検討するようにすると、相手の条件だけでなく、価値観にもシフトをおけるようになるので、より理想の相手像を明確にできるのではないかと思います。